アロマ性感エステ「NADIA大阪」は出張専門店・自宅・ビジネスホテルなどデリバリー致します。

アロマについて

■アロマセラピーとは?■

アロマセラピーは日本では「Aroma=芳香」、「Therapy=療法」と訳され、エッセンシャルオイル(アロマオイル)を用い香りを使って行うと解されています。
また、アロマセラピーは現在注目を浴びているホリスティック医療行為のひとつとして定着していて、エッセンシャルオイル(アロマオイル)は、医薬品として扱われています。
日本ではアロマセラピーは医療としてはなく、リラクゼーションの一種として位置づけられ、エッセンシャルオイル(アロマオイル)は雑貨として輸入されています。
アロマセラピーは、一人の人間を身体的な面からだけではなく、精神的な面またはスプリチュアルな面とサポートします。
具体的な症状を改善するだけでなく、免疫力を高め、精神のバランスをとり、生体エネルギーを活発にし、精神面からもバックアップをしてくれます。これは、症状を改善させる目的のみの、西洋医学の薬とは違う点です。

■アロマセラピーのメカニズム■

具体的にエッセンシャルオイル(アロマオイル)がどのようにして、体やここに影響を与えるのでしょうか?

鼻から大脳へ
まず気化したエッセンシャルオイル(アロマオイル)が、鼻から取り込まれるとエッセンシャルオイル(アロマオイル)の成分は、鼻腔奥にある臭神経細胞を刺激します。
それが脳の視床下部に伝達されて、それぞれの香りに対応した神経化学物質が放出されます。
例えば、ラベンダーの香りは、セロトニン(神経系を鎮静させる物質)の分泌を足すので、ラベンダーの香り、心と体をリラックスさせることができるのです。

鼻から肺へ
鼻や口から肺、肺胞へと取り込まれ、肺胞の粘膜から血液の流れに乗って前進へのめぐり、免疫力を高めたりと全身へ働きかけてくれます。

皮膚から
アロママッサージなどを行う事により、皮膚から浸透し血管やリンパ管に入り、血液の流れに乗り体中に広がっていきます。
皮膚には表皮と真皮の間に、保護膜があり、水分が紫外線をカットする働きがありますが、エッセンシャルオイルは分子構造が小さく親油性ですので通貨できるのです。

■アロマセラピーの歴史■

昔々から人々は植物の香りを生活のいろいろな場面に利用してきたようです。
知られている限りで最も古いのは、紀元前4000年古代エジプトで、宗教儀式のために香木や、花などが薫香に使われていました。
主に使われていたのはフランキンセンス、ミルラなどだったようです。
紀元前2000年ごろのインドでは、700種以上の芳香植物について調べられ記録されていたようです。
この植物の知識は、現在のアユ-ルベータ(インド古代伝統医学)へと発展し、継承されています。

また、芳香植物の中にはその名前や学名がギリシャ神話の登場人物に由来するものがあることから、古代ギリシャでも植物の香りは生活で利用されていたことがわかります。

■キャリアオイルについて■

キャリアオイルとは、天然の植物から取れた浸透性の高い植物油のことです。
精油を希釈するときに使います、おもに、オイルトリートメントで使われます、
アロマクラフトでも、材料としてよく使われいます。
キャリアは「運ぶ」という意味で、精油を体の中運ぶ手助けをしてくれます。
エッセンシャルオイルを希釈する用途のほかにも、
・肌を柔らかくする。
・肌の滑りを滑らかにし、肌の負担を軽くする。
・角質層からの水分蒸発を抑え、乾燥を防ぐ
・油分やビタミンの補給。
・不要な角質を取り除き、表皮の形成の促進。
・精油の揮発性を抑え、精油の吸収率を多くする。

■クラリセージ油■

香りの特徴
 甘いナッツのような、ハーブ調の芳ばしい香り。
 落ち込んだ心をいやしましょう。

「こころ」に対する働き
 神経が緊張しているとき、気がはやってしかたがないとき、パニックにおちいったときには、この加湿性がありリラックス作用をもつ精油がとても心を静めてくれます。これを使うと幸福感が生まれる効果があるので、自分が幸せだという感情と、生活をバランスのとれた視点からみる能力を強化してくれます。神経のすばらしい疲労回復材になります。

「からだ」に対するはたらき
 これは子宮のよい強壮剤になります。とりわけ子宮のいろいろな障害にたいして役立ちます。ホルモンのバランスを調整する作用がありますから、少量月経を正常化し、月経前の緊張症を和らげ、筋肉の緊張をほぐすの促しい下背部の遺体痙縮を緩和させます。
 これは、町内ガスの十万や胃痙攣のような消化器の障害を好転させ、腎臓のよい強壮剤になるといわれています。
この精油はまた、頭痛と片頭痛にも有効です、その根底にある緊張を静めるためです。同様に、その緩和作用によって、筋肉の痙縮・けいれんとむすびついてることがしばしばある不安症を和らげるのに有益です。
クラリセージ油は、一般に発汗過多を抑制します。結核に伴って生じる汗をとめる力をもつという評判があります。 喘息と咽喉痛をなおすのに役立つといいます。また、体の防衛系を全体的に強めて、病気のあと衰弱した状態にある体に活力与えます、病後の回復期に有効です。

■オレンジ油■

香りの特徴
 甘くフルーティな柑橘系の香り。疲れや緊張をときほぐし、明るく爽やかにします。

「こころ」に対する働き
 考えからが暗くなったり抑うつ的気分になったりしたときに、これは心に小さな陽光をひろげる力があります。
建設的なもののみかたをさせてくれるようにし、緊張とストレスをはらいさります。
ものごとにうんざりしたり、エネルギーがなくなったりしたときに、気分を明るくよみがえらせます。

「からだ」に対するはたらき
 オレンジ油は胃にたいして非常に強力な鎮静作用を発揮し、とくに神経質な状態での胃にそうした効果を示し、いわゆる胸騒ぎを鎮めます。また、肉体的な病気にも役立ち、下痢や便秘のような腸の不調をよくします。
胆汁の分泌も促進し、脂肪の消化を助けます。
この精油は食欲を増進させますので、ダイエットをしているときにはご注意ください。
これはウイルス感染症をよせつけない作用をするビタミンCの吸収と同化を助けます。さらに、体温を下げることによって、風邪、気管支炎、発熱症状にそれぞれよい効果を示すように思います。
この精油にはリラックス特性がありますから、不安のせいで生じた不眠症に効果をあらわあします。
また、血中のコレステロール値が高い場合、これを低下させる力もあります。

■ローズマリー油■

香りの特徴
 しみとおるように刺激的で、すがすがしい香り。記憶力、集中力高め、頭をスッキリとさせます。

「こころ」に対する働き
 この精油は脳細胞を活気づけ、頭脳を明断にして記憶力を増進させます。これは精神的な過労、頭脳の不活発全般、無気力に効果があります。ローズマリー油は、心が弱まり、疲労困憊したときに、心を元気づけ、心を強化するちからがとても強いのです。

「からだ」に対するはたらき
 この精油は、中枢神経の根幹をなす脳にエネルギーを供給し、これを活気づけます。これは各感覚をよみがえらえ、ある場合には言語、聴力、視力のそれぞれの障害から回復させるのに一役かうこともあるとうです。
ローズマリー油は、患者を鎮静させすぎずに痛みを緩和してくれる薬剤で、痛風、リウマチ痛を和らげ、オーバーワークして披露した筋肉をらくにする力があります。
この精油はとても価値のある強心剤、心臓刺激剤で、低い血圧を正常に高めす。貧血症にも良い効果を及ぼすものと思われます。これは肺の強壮剤にもなり、かぜ、喘息、慢性気管支炎、流感にも役立ってくれます。
ローズマリー油は肝臓のうっ滞をとりのぞく薬剤として作用しますから、肝炎、肝硬変症、胆石、黄疸や胆管閉塞症にも効果があります。この精油は消化を促進する働きがあることから、大腸炎、消化不良、鼓張、胃痛をそれぞれ好転させます。
これは月経時の痙攣を和らげ、少量月経のを正常にします。ローズマリー油には利尿特性があります、月経の際の体内での水分の滞留を解消するのに効果的ですし、またセルライトと肥満にも有益でしょう。

■イランイラン油■

香りの特徴
 「愛の雫」とよばれる、官能的でエキゾチックな香り。お部屋のムードを高めます。

「こころ」に対する働き
 イランイラン油は、アドレナリン流出を抑制し、神経系をリラックスさせ、喜びの感情をもたらしますので、興奮した状態のときに卓効を奏します。
そして、怒り、不安、出区、パニック、恐怖のそれぞれの感情をときほぐす力をあらわします。

「からだ」に対するはたらき
 イランイラン油はホルモン類のバランスをとる作用があることで有名で、生殖器に結びついたいろいろな障害にその価値を発揮します。これはまず第一に子宮の強壮剤になり、温かさと一体感との感情を浸透させることを通じて、帝王切開出産のあとに役立ってくれます。乳房をひきしめておくにもよいといいます。
イランイラン油は抗うつ、催淫の両特性をもつので、インポテンツや冷感症のような性的障害を好転させる力があることで有名です。

コンテンツメニュー